金剛寺の宝篋印塔

室町時代 桃井播磨守直常の供養塔

吉岡町指定史跡

金剛寺の宝篋印塔

 桃井氏とゆかりの深い金剛寺跡の畑中に宝篋印塔があった。現在、不動堂の右脇に移されているが、塔の基礎部に「浄眼大禪定門應永十三(1406)年十二月二十日」と刻まれている。

 桃井播磨守直常の戒名は不詳であるが、この宝篋印塔は直常の菩提を弔う供養塔であろう。不動堂左脇の沢山の五輪塔は、直常に従って戦死した人々の供養の為と伝えられる。

基本情報

住所 群馬県北群馬郡吉岡町大字南下字大藪187
お問い合わせ 吉岡町役場 生涯学習室
TEL:0279-54-3111

アクセス

<お車で> 関越自動車道 駒寄SICから約7分
ページトップへ戻る