三国街道一里塚

三国街道の一里塚で高崎から四里の地点

吉岡町指定史跡

三国街道一里塚

 徳川幕府は街道一里毎に塚を築き榎を植えさせ、旅人に里程の目印と涼と憩いの場とさせた。

 上野田の一里塚は、起点の高崎から数えて四里で、ここから見える赤城山は美しい。

 現在の榎は二代目で、昭和初期土地の人が植えかえたものといわれ、樹下に正徳4(1714)年と万延元(1860)年建立の庚申塔二基が有り、いつからか庚申塚と呼ばれ「庚申塚の雨」は「野田八景」の一つといわれた。

基本情報

住所 群馬県北群馬郡吉岡町大字上野田字屋敷裏365
お問い合わせ 吉岡町役場 生涯学習室
TEL:0279-54-3111

アクセス

<お車で> 関越自動車道 駒寄SICから約10分
ページトップへ戻る