ページの本文です。

秋の狂犬病予防注射と犬の登録のお知らせ

最終更新日
2018年08月13日
記事番号
P000187

狂犬病の予防注射は、一年に一回受けることが法律で義務付けられています。また、新たに犬を飼う場合は、犬の登録が必要です。 町では各地区を巡回し、犬の登録と予防注射を行います。なお、登録済みで注射を済ませてない人には注射通知書が送付されますのでご持参ください。会場では、常に飼い主が犬をおさえられるようにしてください。

※愛犬の死亡、住所異動などの場合は変更届出が必要です。

注射代金

新規

6,400円
(注射料2,850円、注射済票手数料550円、登録手数料3,000円)

注射のみ

3,400円
(注射料2,850円、注射済票手数料550円)

秋の狂犬病予防注射日程表

平成30年10月27日(土)の1日間、秋の狂犬病予防注射を実施します。

平成30年10月27日(土)の実施会場

実施会場 住所 時間
小倉集会所 小倉282-6 午前9時~9時20分
吉岡町役場北駐車場 下野田560 午前9時30分~午前10時10分
木戸集落センター 南下721 午前10時20分~午前10時35分
大久保集落センター 大久保1310-1 午前10時50分~午前11時05分
駒寄住民センター 大久保2338-5 午前11時15分~午前11時30分
漆原文化センター 漆原816

午前11時40分~午前11時55分

  • 狂犬病について

  • 平成25年、台湾にて52年ぶりに野生のイタチアナグマから狂犬病の発生が確認されました。
  • 日本は世界でも数少ない狂犬病発生洗浄国(発生のない国)ですが、台湾と同様に突如発生するおそれがあります。
  • 狂犬病は哺乳類全てに感染するおそれがあり、発症するとほぼ100パーセント死亡する恐ろしい病気です。
  • 日本では狂犬病発生と蔓延防止のため、犬の飼い主には犬の登録と年に一回の狂犬病予防注射を接種することが義務付けられています。
  • 飼い犬の予防注射を徹底することで、狂犬病の蔓延が防止され、人への感染を防ぐことができます。
  • 上記の注射日程にて集合注射を行いますので、都合の良い会場にお越しください。
アンケートにご協力ください

みなさまからいただいたご意見・ご感想は、ウェブサイトの改善に活用させていただきます。
※3つの設問にご回答のうえ「送信する」ボタンを押してください。

このページの内容は参考になりましたか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は見つけやすかったですか?

お問い合わせ先
町民生活課生活環境室
  • 直通電話:0279-26-2243
  • ファクス:0279-54-8681
ページの先頭へ