まちづくり交付金事業

まちづくり交付金について

まちづくり交付金は、地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした個性あふれるまちづくりを実施し、全国の都市の再生を効率的に推進することにより、住民生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図ることを目的として、平成16年に創設された制度です。
まちづくり交付金は、町が作成した都市再生整備計画に基づき実施される事業等の費用に対し、交付されます。事業実施前の計画段階で目標となる数値目標を設定し、事業最終年度に事後評価を行うことで達成状況を確認することになっています。
吉岡町では、平成17年から国土交通省の事業採択を受け「吉岡町駒寄PAスマートIC周辺地区」において、まちづくり交付金の交付を受け、事業を実施してきました。事業期間は、平成17年度から平成21年度までの5年間でした。

都市再生整備計画について

町では、地域の特性を踏まえ、まちづくりの目標と 目標を実現するために実施する各種事業等を記載した都市再生整備計画を作成し、計画に基づき、事業を実施しました。

都市再生整備計画 PDFファイル(595KB)

事後評価にについて

事後評価は、まちづくり交付金事業がもたらした成果等を客観的に診断し、達成状況を確認して、今後のまちづくりを適切な方向に導くとともに、これらを市民の方々へわかりやすく説明することを目的としています。この評価を行う際には、大学教授等の有識者の意見の拝聴やパブリックコメントの実施を行いました。

事後評価シート PDFファイル(343KB)

フォローアップについて

事後評価実施後、まちづくりの目標達成度の再評価を行いました。

フォローアップ報告書 PDFファイル(24KB)

※まち交ネットより、抜粋。

お問い合わせ先
総務政策課政策室 TEL:0279-26-2241(直通)