ページの本文です。

第8回よしおか再発見ウォーク参加者募集のお知らせ

最終更新日
2017年03月08日
記事番号
E001668

「よしおか再発見ウォーク」は、吉岡町の隠れた名所を、地元の方の解説付きで見学しながら楽しくウォ-キングする企画です。
今回は養蚕農家の名残の残る、吉岡町駒寄地区をウォーキング。
各史跡にまつわる「なぞなぞ」を、解説を聞いて、すっきり!解きながら巡ります。
スタート・ゴール地点の「道の駅よしおか温泉」では、この日、「漆原しだれ桜まつり」を開催しておりますので、ゴール後はそのままお祭りを楽しめます♪
町外にお住まいの方も大歓迎です!うららかな春の吉岡町を一緒に歩いてみませんか?

コース内容

全行程 6km

スタート 道の駅よしおか温泉
※漆原しだれ桜並木
約1.8km、150本のしだれ桜が植えられたしだれ桜並木。 地元の里親の方々が20年以上大切に育ててきた桜を見ながら歩きます。
1:川原田山不動尊 利根川沿いの高台にある本堂を見学します。ここに不動明王が安置祈願されるようになった歴史などを教えてもらいます。
2:天王様 天明3年(1783年)に浅間山が大噴火し、この地域を凶作・大飢饉・疫病が襲いました。救いを求めるため京都八坂神社の牛頭天王を勧請し、疫病退散を願って部族の守り神として祀るようになったのが「天王様」です。 今回は天王様のほか、江戸時代に書聖とよばれた本町出身の「角田無幻」筆ののぼり旗が、この地区で発見されましたので特別に見せていただく予定です。
3:高野邸 昔ながらの養蚕農家の特徴を、今もなお残しているお屋敷です。 大久保地区はどうして養蚕が盛んになったのかなど、養蚕農家の歴史や当時の様子などを教えてもらいます。
4:肩切り薬師 毎回大好評!町内の読み聞かせの会(わらべの会)に肩切り薬師の由来などを、手作り郷土紙芝居で解説してもらいます。
5:三津屋古墳 全国でもきわめて珍しい、正八角形の古墳です。実は普段から石室内も見学できます。 今回は文化財事務所の先生に、古墳の詳しい解説をしてもらう予定です。
6:長松寺 毎年1月14日に開催される「ざる観音縁日」で、地元ではおなじみのお寺。 境内ある大きな石碑は、大河ドラマ「花燃ゆ」で大沢たかおさんが演じた、初代群馬県令「楫取素彦」が文章を考えたそうです。
今回は、(雨が降らなければ)特別に本堂の中も見学させてもらいます。
ゴール 道の駅よしおか温泉この日、道の駅では「漆原しだれ桜まつり」が開催されます(午前9時~午後4時頃まで)。 ゴール後は、「桜まつり」をぜひお楽しみください。

期日

平成29年4月15日(土)

受付時間

1班:午前7時10分~7時25分
2班:午前7時40分~7時55分

集合場所

道の駅よしおか温泉リバートピア吉岡前

参加費

100円(保険料を含みます)
当日受付でお支払いください。

定員

各班先着50名

申込み方法

お電話、FAX、メールにて
参加したい班(1班か2班)、住所、氏名、生年月日、連絡先、
再発見ウォーク申込と明記してお申込みください。

吉岡町役場産業建設課
TEL:0279-54-3111
FAX:0279-54-8681
メールでのお申し込みはこちら

申込締切

平成29年3月31日(金)

その他

※ 今回の企画は、安全のため小学生以下の方は保護者同伴をお願いしていますが、全行程を自力で歩ける方ならどなたでも参加可能です。

※ お申し込みいただいた方には、町から改めて詳細を送付いたします。

募集チラシ

ページの先頭へ