ページの本文です。

新型コロナウイルスワクチン接種でのキャンセルなどの対応について

最終更新日
2021年06月09日
記事番号
P003070

今回の新型コロナウイルスワクチン接種は完全予約制のため、接種当日のキャンセルや体調不良により接種ができず、ワクチンが余ることが想定されます。

町で接種に使用するファイザー社製ワクチンは、1瓶で6回分の接種ができます。しかし、一度開封したら6時間以内に使い切らなくてはならず、翌日以降に持ち越すことができないため、すぐに別の接種者が見つからない場合廃棄しなければなりません。

そこで、町では新型コロナウイルスワクチン接種におけるキャンセル時には、次の通りワクチンの無駄が出ないように接種を進めていきます。ご理解いただきますようお願いいたします。

集団・個別接種におけるキャンセル時の接種者の順位について

  1. 民生委員・児童委員
  2. 町内保育園の保育士・町内認定こども園保育教諭・幼稚園教諭
  3. 町学童クラブの指導員
  4. 町立小学校・中学校教諭
  5. 集団接種会場の従事者

上記接種者の優先理由について

1:独居高齢者、高齢者宅を訪問し見守りをする必要があり訪問時の感染リスクを軽減するため

2~4:集団生活を支える職種であり、新型コロナウイルス感染症の感染や罹患のリスクが大きく集団生活内で新型コロナウイルス感染症が発生し、閉鎖となれば特に保育園や学童クラブへ通所する子どもの保護者は、仕事を休まなくてはならなくなるため、発症の予防、感染拡大防止対策を講じる必要があるため

5:1~4に依頼し見つからない場合や時間的余裕がない場合ワクチン廃棄を防ぐため

アンケートにご協力ください

みなさまからいただいたご意見・ご感想は、ウェブサイトの改善に活用させていただきます。
※3つの設問にご回答のうえ「送信する」ボタンを押してください。

このページの内容は参考になりましたか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は見つけやすかったですか?

担当部署
健康子育て課健康づくり室
  • 直通電話:0279-54-7744
  • ファクス:0279-54-7747
ページの先頭へ