ページの本文です。

子宮頸がん予防ワクチン接種について

最終更新日
2020年12月14日
記事番号
P000048

平成25年6月14日に平成25年度第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、平成25年度第2回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催)が開かれ、子宮頸がん予防ワクチンの積極的な接種勧奨の一時差し控えが決まりました。

積極的な勧奨差し控えとは、接種を促す通知等を各家庭に送ることや様々な媒体を通じて積極的に接種を呼びかけるなどの取り組みをさしひかえることをいいます。

そのため、積極的な接種勧奨の再開が決まるまでの間は、接種対象者の方には、接種を強く求めませんが、接種を希望する方には、引き続き定期接種として行いますので主治医にご相談ください。
くわしくは、厚生労働省のリーフレットなどをご覧ください。

子宮頸がん予防ワクチン接種後に生じた症状に対する相談・診療については各都道府県に協力医療機関が選定されています。くわしくは厚生労働省ホームページをご覧ください。

Acrobat Reader のダウンロードはこちら(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく為には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

アンケートにご協力ください

みなさまからいただいたご意見・ご感想は、ウェブサイトの改善に活用させていただきます。
※3つの設問にご回答のうえ「送信する」ボタンを押してください。

このページの内容は参考になりましたか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は見つけやすかったですか?

担当部署
健康子育て課健康づくり室
  • 直通電話:0279-54-7744
  • ファクス:0279-54-7747
ページの先頭へ