ページの本文です。

森林の土地の所有者届出制度

最終更新日
2018年10月04日
記事番号
P002291

平成23年4月の森林法の改正により、平成24年4月以降、売買や相続等によって新たに森林の土地の所有者となった人は面積の大小に関わらず町へ届出が必要となっています。

対象となる森林

森林法第5条に規定された地域森林計画(群馬県作成)の対象となる森林。地域森林計画の対象となっているかわからない場合は、事前に産業建設課へお問い合わせください。

届出が必要な人

個人・法人問わず、売買、相続、贈与、法人の合併などにより森林の土地を新たに取得した方

申請に必要なもの

届出期間

土地の所有者となった日から90日以内

注意事項

売買等による土地の所有権移転の場合、群馬県水源地域保全条例に基づく事前の届出が県へ必要な場合があります。詳細は下記の渋川森林事務所までお問い合わせください。なお、事前に県へ届出を行った場合でも、別途町への事後届出が必要となります。

関連ページ

Acrobat Reader のダウンロードはこちら(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく為には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

アンケートにご協力ください

みなさまからいただいたご意見・ご感想は、ウェブサイトの改善に活用させていただきます。
※3つの設問にご回答のうえ「送信する」ボタンを押してください。

このページの内容は参考になりましたか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は見つけやすかったですか?

お問い合わせ先
産業建設課産業振興室
  • 直通電話:0279-26-2280
  • ファクス:0279-54-8681
ページの先頭へ