ページの本文です。

新地方公会計制度に基づく財務書類

最終更新日
2019年03月29日
記事番号
P000226

全国的に高度経済成長期に整備した道路・橋りょう等のインフラ資産が老朽化し、膨大な更新費用が想定されているものの、現在の地方自治体の会計制度は「現金主義・単式簿記」であり、所有する資産の現在価値やランニングコスト等を把握できないというデメリットがあります。
こうした状況を受け、総務省では、地方公会計改革の取り組みとして、「発生主義・複式簿記」の考え方を取り入れた公会計の整備を掲げ、固定資産台帳の整備、財務書類4表の作成、未利用財産の売却促進や資産の有効活用等を内容とする資産・債務改革を地方自治体に要請しています。
吉岡町では、平成24年度期末時点で開始時の固定資産台帳の整備を行い、財務書類の作成を行っています。
また、平成28年度決算からは統一的な基準に基づき財務書類の作成を行っています。

平成29年度

平成28年度

※ 平成28年度は統一的な基準による財務書類の作成初年度のため、開始貸借対照表(平成28年4月1日現在)を作成しています。

平成27年度

平成26年度

平成25年度

Acrobat Reader のダウンロードはこちら(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく為には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

アンケートにご協力ください

みなさまからいただいたご意見・ご感想は、ウェブサイトの改善に活用させていただきます。
※3つの設問にご回答のうえ「送信する」ボタンを押してください。

このページの内容は参考になりましたか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は見つけやすかったですか?

お問い合わせ先
財務課財政室
  • 直通電話:0279-26-2236
  • ファクス:0279-54-8681
ページの先頭へ