ページの本文です。

第三者行為(交通事故など)による介護保険サービス利用

最終更新日
2018年10月25日
記事番号
P002280

介護保険の被保険者は、交通事故などの第三者行為が原因で要介護状態や要介護度が重篤化した場合でも、介護保険サービスを利用することができます。

市区町村が一時的に負担しています

第三者行為を原因とする介護保険サービスの提供にかかった費用は、本来加害者が負担するのが原則ですので、市区町村が一時的に立て替えたあとで加害者へその費用を請求することとなります。

市区町村が支払った介護給付が第三者行為によるものかを把握するため、平成28年4月1日から、介護保険の第1号被保険者の方が、交通事故などの第三者行為を起因として介護保険サービスを受けた場合は、届出が必要となりました。

交通事故などにより要介護状態や要介護度が重篤化した場合は、健康福祉課高齢福祉室(役場本庁舎4番窓口)へ届出をお願いいたします。

届出のお手続きについて

届出に必要な書類等
  • 第三者行為疾病届
  • 交通事故証明書
  • 事故発生状況報告書
  • 届出人の印鑑

交通事故証明書等の様式については、以下のホームページにございます。

また市区町村より、書面もしくはお電話にて負傷(傷病)の原因についてお伺いさせていただく場合がございますので、あらかじめご承知おきくださいますようお願いいたします。

アンケートにご協力ください

みなさまからいただいたご意見・ご感想は、ウェブサイトの改善に活用させていただきます。
※3つの設問にご回答のうえ「送信する」ボタンを押してください。

このページの内容は参考になりましたか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は見つけやすかったですか?

お問い合わせ先
健康福祉課高齢福祉室
  • 直通電話:0279-26-2247
  • ファクス:0279-54-8681
ページの先頭へ