ページの本文です。

未熟児養育医療

最終更新日
2017年03月08日
記事番号
P000070

未熟児養育医療給付の制度

身体の発育が未熟で生まれ、入院を必要とするお子さんに対して、その治療に必要な医療費を町が負担する制度です。吉岡町内に在住する満1歳の満のお子さんで、給付の対象基準に該当し、医師が入院医療を必要と認めた方が対象となります。

申請に必要なもの

  • 母子手帳
  • 養育医療給付申請書(PDF:100KB)
  • 養育医療意見書(PDF:80KB)
    (指定養育医療機関の担当医師が記入)
  • ※扶養親族等の申告書(18歳未満のお子さんが上にいる方)
  • 世帯調書
  • 印鑑
  • お子さんの保証書の写し(加入予定のものでも可)
  • 源泉徴収票又は確定申告書の写し(生計を一にする扶養義務者で収入のある方は全員分必要)(1~6月申請:前々年のもの、7~12月申請:前年のもの)
    例:平成29年6月申請→平成27年のものが必要
  • マイナンバーのわかるもの(お子さん、扶養義務者のもの)

※扶養親族等の申告書、世帯調書は申請時に記入して頂きます。

Acrobat Reader のダウンロードはこちら(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく為には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

アンケートにご協力ください

みなさまからいただいたご意見・ご感想は、ウェブサイトの改善に活用させていただきます。
※3つの設問にご回答のうえ「送信する」ボタンを押してください。

このページの内容は参考になりましたか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は見つけやすかったですか?

お問い合わせ先
健康福祉課健康づくり室
  • 直通電話:0279-54-7744
  • ファクス:0279-54-7747
ページの先頭へ