ページの本文です。

後期高齢者医療制度について

最終更新日
2020年11月04日
記事番号
P002896

後期高齢者医療制度は、国の医療制度改革の一つとして、平成20年4月に発足した制度です。

県内すべての市町村で構成される群馬県後期高齢者医療広域連合が、各市町村と連携しながら事務を運営しています。

広域連合と市町村の主な役割分担

  • 広域連合
    保険料の決定、医療を受けたときの給付、被保険者証の交付決定など
  • 市町村
    保険料の徴収、各種申請や届出の受付、被保険者証の引き渡しなど

対象(被保険者)となる人

  • 75歳以上の人
    75歳の誕生日当日から被保険者となります。被保険者証はお誕生月の前月(1日生まれの人は前々月)に郵送いたします。
  • 一定の障がいのある65歳~74歳の人
    ※申請により広域連合の認定を受けた日から被保険者となります。被保険者証は認定後に発行いたします。
    ※加入は任意です。加入した後も75歳になるまでの間は脱退することができます。ただし、遡っての加入および脱退はできません。加入をご希望される場合は、町担当窓口にご相談下さい。
「一定の障がい」とは
アンケートにご協力ください

みなさまからいただいたご意見・ご感想は、ウェブサイトの改善に活用させていただきます。
※3つの設問にご回答のうえ「送信する」ボタンを押してください。

このページの内容は参考になりましたか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は見つけやすかったですか?

担当部署
住民課住民保険室国民健康保険係・高齢者医療年金係
  • 直通電話:0279-26-2249
  • ファクス:0279-54-8681
ページの先頭へ