ページの本文です。

住民基本台帳ネットワークシステム

最終更新日
2017年03月08日
記事番号
P000030

住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)とは

市区町村ごとに管理する住民基本台帳(住民票のもとになるもの)を専用の通信回線でつなぎ、住所、氏名、性別、生年月日の四つの基本の情報に、住民票コードを加えた住民基本台帳をネットワーク化することによって、全国どこでも本人の確認ができます。それによって、住民基本台帳がもととなる事務手続きが効率よく行えます。

住民票の写しの広域交付

住所地以外で住民票の写しの交付を受けられるサービスです。
交付を受けられるのは、申請者本人または同一世帯のものに限ります。
申請時には、本人確認をするために運転免許証やマイナンバーカード等の顔写真付身分証明書が必要です。保険証は本人確認の資料になりません。
手数料は各市町村の住民票手数料と同様です。
住民票の写しには、戸籍の表示(本籍と筆頭者)は省略されます。

転入転出手続きの特例処理

事前に郵送で転出届を提出しておくことで、マイナンバーカードや住民基本台帳カードを持参して転入地の役所で転入届をすることができます。転出届の用紙は、下記「特例転出届」からダウンロードできます。この場合、転出証明書を取りに行く手続きは簡素化されますが、保険・税金・水道・児童手当等で手続きが必要な方は、転出地の役所へ行っていただくこともあります。マイナンバーカード、住民基本台帳カードの交付を受けている方のみ可能な手続きです。マイナンバーカード、住民基本台帳カードは継続して利用できます。

Acrobat Reader のダウンロードはこちら(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく為には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

アンケートにご協力ください

みなさまからいただいたご意見・ご感想は、ウェブサイトの改善に活用させていただきます。
※3つの設問にご回答のうえ「送信する」ボタンを押してください。

このページの内容は参考になりましたか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は見つけやすかったですか?

お問い合わせ先
町民生活課町民サービス室
  • 直通電話:0279-26-2244
  • ファクス:0279-54-8681
ページの先頭へ