ページの本文です。

避難情報の改正について

最終更新日
2021年08月20日
記事番号
P001736

災害対策基本法の改正に基づき、令和3年5月20日から、水害や土砂災害などの災害の危険が差し迫り、住民に避難を促す必要がある場合に発令する「避難情報」について変更がありました。

変更のポイント

  1. 避難のタイミングを明確にするため、これまでの避難勧告と避難指示(緊急)を警戒レベル4「避難指示」に一本化
  2. 災害が発生・切迫し、警戒レベル4での避難場所等への避難が安全にできない場合に、自宅や近隣の建物で緊急的に安全確保するよう促す情報を、警戒レベル5「緊急安全確保」として位置づけ
  3. 早期の避難を促すターゲットを明確にするため、警戒レベル3の名称を「高齢者等避難」に見直し
Acrobat Reader のダウンロードはこちら(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく為には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

アンケートにご協力ください

みなさまからいただいたご意見・ご感想は、ウェブサイトの改善に活用させていただきます。
※3つの設問にご回答のうえ「送信する」ボタンを押してください。

このページの内容は参考になりましたか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は見つけやすかったですか?

担当部署
総務課安全安心室
  • 直通電話:0279-26-2243
  • ファクス:0279-54-8681
ページの先頭へ