南下A号古墳

古墳王国群馬でも精緻な造りの石室

吉岡町指定史跡

南下A号古墳

 本古墳は載石切組積石室(きりいしきりくみづみせきしつ)を主体部とする山寄せの円墳である。石室は羨道(せんどう)と玄室(げんしつ)から成り、両者の境には見事に加工された玄門が設置されている。玄室壁面には漆喰を塗布した跡や石材加工の際に引かれた朱線の跡を残している。E号古墳とともに終末期古墳の代表例として県内外に良く知られている。現在は、入室制限をしている。

基本情報

住所 群馬県北群馬郡吉岡町大字南下字宮代1315-1
お問い合わせ 吉岡町役場 生涯学習室
TEL:0279-54-3111

アクセス

<お車で> 関越自動車道 駒寄SICから約5分
ページトップへ戻る