溝祭三宮神社獅子舞

三宮神社に奉納された稲荷流佐々良獅子舞

吉岡町指定重要無形文化財

溝祭三宮神社獅子舞

 天正年間からあったと伝えられる獅子舞で、頭が毛獅子で作られているのが特色である。

 この獅子舞は稲荷流佐々良獅子舞で毛獅子三頭で舞い、氏神三宮神社の祭典に奉納されてきた。また、日照り続きの時には雨乞い獅子として、船尾滝に登り雨乞い祈願をした事でも知られている。

 神社の春祭には、笛の音で白足袋姿の前獅子、中獅子、後獅子が、腰に太鼓を付けバチで打ちながら、カンカチを交えて舞う。

基本情報

住所 群馬県北群馬郡吉岡町大字大久保字宮1-1
お問い合わせ 吉岡町役場 生涯学習室
TEL:0279-54-3111

アクセス

<お車で> 関越自動車道 駒寄SICから約3分
ページトップへ戻る