滝沢古墳

構築時の姿に移築保存された古墳

吉岡町指定重要文化財

滝沢古墳

 この古墳は関越自動車道建設の際調査され、現在地に移築復元されたものでる。墳丘は二段から成り、表面は葺石で覆われている。 主体部は自然石乱石積の横穴式石室で、切石の羨門及び玄門を設定している。石室前方には前庭が有り、墳丘の外には周濠が巡っている。

 構築時の姿に復元されており、教材に最適の資料といえる。

基本情報

住所 群馬県北群馬郡吉岡町大字下野田字宮下559
お問い合わせ 吉岡町役場 生涯学習室
TEL:0279-54-3111

アクセス

<お車で> 関越自動車道 駒寄SICから約5分
ページトップへ戻る