南下B号古墳

7世紀中頃の古墳で天井が高い造り

吉岡町指定史跡

南下B号古墳

 径約22m、高さ約5.2mの円墳である。石室は自然石の乱石積であるが、玄門や奥壁の一部に截石をもちいている。壁石に粘土を詰めた痕が認められる。石室の規模に対して天井が高く、畿内地方に多い形の古墳である。

基本情報

住所 群馬県北群馬郡吉岡町大字南下字大林1326-2
お問い合わせ 吉岡町役場 生涯学習室
TEL:0279-54-3111

アクセス

<お車で> 関越自動車道 駒寄SICから約5分
ページトップへ戻る